大手メーカー労働組合にてワークショップを開催

大手メーカーの労働組合様より、ご依頼をいただき、組合委員の方向けに介護離職の現状についての講演と、職場の風土改善に関するワークショップを開催させていただきました。

 

労働組合でも、これまで子育て支援を中心に、ワークライフバランスの推進をされてきたそうですが、より幅広い世代(特に40〜50代の男性)に訴求していくためにも、介護と仕事の両立を考えていきたいとのことで、非常に活発な議論がなされました。介護離職への対応は、経営側の取り組みでもあると同時に、働く側の取り組みも不可欠だと感じるワークショップでした。